ブランク明けは看護師パートから!看護師転職サイトの活用法

ハローワークに行っても、求人誌を開いても、ネットで求人サイトを見ても、必ず看護師の募集があります。地域にかかわらず、それほど看護師が不足している証拠といっていいでしょう。
保育園看護師、パート求人の注意点

また現職の看護師にも、色々な理由から転職を考えている人もたくさんいるようです。 働き方が多様化し、自分の希望する条件により近い職場をみつけるのも以前に比べてそう難しくない時代になっています。

求人誌やインターネットが普及する前は、ハローワークを利用するか誰かの紹介で勤務先を探すことがほとんどだったと思いますが、今では無料の求人誌やインターネットの転職サイトを利用すれば昼夜を問わず仕事を探すことができるのです。

中でも転職サイトはどんどん進化しています。 自分の希望に近い募集が発生したときに知らせてくれるメール機能だけでなく、アドバイザーが雇用条件の交渉をしてくれたり、履歴書の記入の仕方、面接の受け方などをアドバイスしてくれたりもするのです。

特に、雇用条件に関してはなかなか言いにくい部分なので、とても心強いのではないでしょうか。 転職サイトでも求人誌でもそうですが、とても高額な給与が載っていて思わず目を疑うことがあります。 でもよく調べてみると定着率のよくない職場だったり、業務内容が厳しいなどそれなりの理由があるケースも少なくないので、口コミやランキングといったものも参考にして安易にとびつかないことも大切です。

転職だけでなく、ブランクがあって復職する場合、特に転職サイトが役に立つといえます。 これまでの経歴をブランクも含めて登録し、自分の望む条件を設定しておけばそれに見合った求人を簡単に絞り込むことができます。 また、お知らせ機能で適した求人をメールで通知してもらえるのも嬉しいサービスです。

転職、ブランクがあっての復帰、どちらにしても掲載されている件数が圧倒的に多いことを考えると、仕事に就くまでの時間が短くてすむのもうなづけるはずです。 転職サイトにも色々あります。 ランキングサイトや口コミなどもよく見ながら、間違いのないサイトを選びましょう。

60歳オーバーのベテラン看護師の転職活動は

看護師として長年活躍していても、60歳を迎えると定年退職で一旦現場を退かなくてはならなくなります。 ですが、やりがいの多い看護師としての仕事を継続していきたいと感じる意識の高い方もいらっしゃるでしょう。

また、働き続けていた方が金銭的に潤う事は確かですので、現場を離れたくないと感じる方も珍しくありません。 様々な理由から、更なる活躍を求める60歳オーバーの看護師は、どのように転職活動を進めていけば良いのでしょうか。

まず、はじめに試してみるべきなのは、元々勤めていた病院に「まだ働きたい。」というあなたの意思を伝える事です。 運が良ければ、そこから転職先の紹介を受ける事が出来るかもしれません。

もちろん、全ての病院がそういったコネクションを持ち合わせているわけではありませんので100%成功すると確約はできませんが、可能性があるのであれば是非試しておいて損はないでしょう。

そして、同年代や先輩看護師の中で転職に成功した方がいらっしゃれば転職に関する知識やノウハウ、または経験談などを積極的に聞いておく必要があるでしょう。 単なる世間話で構いませんが、もしもその中にあなたと重なるケースがあればその後の転職活動に行かせるアドバイスになるかもしれません。

さらに、インターネットの「看護師のための転職支援サイト」というサービスを利用しましょう。 携帯電話やパソコンの操作に慣れていない場合抵抗があるかもしれませんが、このような転職支援サイトは豊富な求人情報を抱えており、その中には60歳を超えるベテラン看護師を求める求人がある場合もあるのです。

転職支援サイトは様々な会社がそれぞれのサイトを展開しており、そのほとんどは無料で利用する事が出来ますので是非積極的に活用してみましょう。 また、転職支援サイトのサービス内容には転職のプロである相談員からの助言を受ける事も出来ます。

あらかじめあなたの状況や希望を伝えておく事で、求人選びや履歴書の作り方、また面接の対策など、様々な方面からあなたの転職を支えてくれるでしょう。

看護師求人探しのポイント

今はインターネット上から様々な求人情報を集めることができますが、自分に合った求人を探し出すためにはどうすればよいのでしょうか。

誰でもできるだけ条件の良い求人に応募したいと考えていますよね。 ですが、インターネット上やハローワークで紹介されている求人は全体的な求人情報のうち、一部にしか過ぎません。

実は、条件の良い求人情報は非公開求人として看護専門の転職支援サイトにしか出されていないのです。 これは、その転職支援サイトに登録しなければ見ることができません。 病院の中にはハローワークや誰でも登録なしに見られる求人サイトには求人を出さず、看護師専門の転職支援サイトのみに非公開求人という形で情報を出しているところもあります。

なぜそのような形で求人を出すのかというと、選考の手間を減らすためです。 大々的に求人情報を出すとたくさんの方から応募があるため、病院側は一人一人をチェックするのにかなりの時間がかかります。 特に条件の良い求人ともなるとその数は相当なものになるでしょう。

それが転職支援サイトの非公開求人であれば、転職支援サイト側が条件に合った人のみに対して求人情報を公開してくれるため、病院側は最小限の手間だけで条件に合った人物を探せるのです。

こういった情報は看護師専門の転職支援サイトをチェックしなければ見つけることができません。 ただ、転職支援サイトによってどのような非公開求人を取り扱っているかというのは違ってくるので、複数のサイトに登録しておいたほうがより自分の理想に近い求人を見つけることができるでしょう。

各サイトへの登録は無料で行うことができるため、たくさん登録したからといってデメリットはありません。 登録方法はとても簡単で時間もかからないので、より多くの求人情報を集めるためにも複数の転職支援サイトに登録しましょう。

ただ、あまりにもたくさん登録しすぎると管理が大変になってしまうので、3~5サイトくらいに留めておくと良いですね。

看護師転職、人間関係が良い職場を探す方法

看護師は転職率が高い仕事だといわれています。 その理由はいくつかありますが、人間関係に悩みがあって転職をする方も多いようです。 ですが、転職したからといって必ずしも人間関係の良い職場で働けるというわけではありませんよね。 場合によっては転職をしたところ前の職場より人間関係が悪化してしまったというケースもあります。

できれば、転職前に職場の人間関係を調べておきたいところですが、それはなかなか難しいのではないでしょうか。 たとえ人間関係の悪い職場であったとしても、求人情報にはそのことは書かれていません。

しかし、病院の内部事情に詳しいコンサルタントに話を聞けば、人間関係についても事前に情報を集めることができます。看護師専門の転職支援サイトには病院の内部事情にも詳しいコンサルタントがいるので、そういった方に話を聞いてみましょう。

コンサルタントは求人元となる病院に何度も通っています。 また、過去にも他の看護師を紹介したりしているので、実際に働いている方でなければわからないような情報まで持っているのです。

コンサルタントから聞ける話の中には病院側にとっては不利益に繋がってしまうものもあります。例えば、人間関係があまりよくないなどの情報です。コンサルタントとしては病院側に紹介をしてもすぐに辞められてしまうと困るため、そういった情報もすべて教えてくれます。

できるだけ人間関係の良い職場で働きたいと思っているのであれば、信頼できるコンサルタントがいる転職支援サイトに登録するのがおすすめです。自分で求人情報を集めてしまうとそういった内部事情を知ることはできないので、転職に失敗してしまう可能性がありますが、コンサルタントに相談しながら決められれば安心ですね。

他にも、入ってすぐに辞めてしまう人はどれくらいいるのか、新入りへの対応はどうなのか、派閥争いのようなものはないのかなど、かなり踏み込んだ質問でも答えてもらえます。

メニュー

ページの先頭へ