准看護師の試験の合格率や難易度は?

准看護師は良く間違える方が多いのですが、都道府県知事の資格であって、国家資格ではありません。准看護士試験は各都道府県によって出題される問題が違います。難易度は県によっても多少ばらつきはあるものの合格率は比較的高い水準を保っています。

年にもよりますが9割前後で推移しており、合格率はとても高いと言えるでしょう。准看護士の 養成学校や高校の看護衛生課できちんと勉強していれば問題ないレベルと言えます。

ただし、この合格率は専門学校や高校の仕組みでこのような数字になっているとも言えます。そもそも専門学校では試験を合格するくらいのレベルに達していないと学校が卒業できないカリキュラムになっています。

准看護士の養成という目的をしっかり果たしていると言えます。このため、まずは勉強を頑張らないとそもそもの試験が受けられないという状況にもなってしまうため、目の前の勉強をこなしていきましょう。

また、准看護士の試験の前にもパスしなければいけない試験があります。それが准看護士の養成学校や高校の衛生看護課への入学試験です。これらで落ちてしまうという方も中にはいます。

中学卒業のレベルで受けられる試験なので、けして奇をてらった難問が出ている訳ではなく、あくまで基礎学力が問われているというレベルになっています。ですが、やはりある程度の勉強と対策は必要になるため、勉強が足りていないと落ちてしまうケースもあります。

このように専門学校の入学、准看護士になるための資格取得の段階で2つの試験を通過しなければなりませんが、やっていく事はシンプルで、目の前の勉強をしっかりとこなしていくという事です。きちんと勉強していれば試験に落ちる事もあまりないと言えます。

若いうちから具体的な仕事のイメージを持って進める方は、最近では多くありません。自信を持って良いと思います。目標のために勉強もしっかりして、理想の人生に向かって進んでいきましょう。

面接で失敗しない転職理由

看護師として採用されるためには、まず履歴書そして、面接というのは必須です。書類選考はあくまでどのような資格を持っているか、年齢、経歴ですが、面接では本人の人間性が重要視されます。 「どのような病院で働いてきたか」「実際の業務をどのくらいの期間担当したのか」「どのような実績を残せたのか」など聞かれるでしょう。

どのような職業でも共通していますが、新卒以外では、面接の中では必ず「転職理由」を聞かれます。これは非常に重要な質問で、特に第二新卒者や短いスパンで辞めている人には、その詳しい理由を尋ねられることも多くあります。

なぜなら、短い期間で転職を繰り返していたり、新卒ですぐに辞めてしまった場合、もし採用しても長続きしないのではないかという懸念が面接官には常に付きまとうからです。

そのため、「なぜ前職を辞めたのか」という理由は具体的であり、また説得力のある答えが必要です。マニュアル通りの答えでは、面接の経験値が高い面接官にはすぐに見破られてしまいます。

退職理由として、最も多いのが「人間関係に問題があったため」という看護師が多いのですが、そのままストレートに答えてしまっては、「協調性がない」として不採用になってしまいます。 というのも、どのような職場でも人間関係のトラブルはつきものです。

トラブルがあるたびに辞められてしまっては、雇う側もたまったものではありません。人間関係のトラブルは、何とか折り合いをつけて円満に解決するのも社会人としての資質です。

そのためには、たとえ人間関係でトラブルがあって退職したとしても、前職場を非難するようなことはせず、前向きな理由にしましょう。

たとえば、今回の失敗を自分なりに反省しながら、コミュニケーション能力をつけるため、勉強会にも出席して人間関係がスムーズに行える方法を身につけたなど、できるだけ、前向き表現でアピールしましょう。やはり短い時間でいかに第一印象をよくするかが面接のキーポイントになります。

メニュー

ページの先頭へ